髪増やす
イメージ画像

ウォーターサーバーを上手に活用しましょう!

電気代が安いウォーターサーバーは?

サーバーのメーカー 詳細はこちら! 各社の省エネサーバー
ゴールドアクアクララ アクアクララ
「ドレスアップサーバー」と「アクアアドバンス」は、従来の製品に比べて、消費電力を最大で65%削減できます。
使用状況にもよりますが、月々1,000円くらいの電気代を350円程度にまで抑えることが可能です。
ブロンズコスモウォーター コスモウォーター
「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」はエコモードを搭載していますので、エコボタンを使用して最大60%の節電が可能です。
また「らく楽スタイルウォーターサーバーPREMIUM」は40〜50%カット、「スタイルセレクトウォーターサーバー」も30%の省エネが可能です。
シルバーフレシャス フレシャス
「サイフォンウォーターサーバー」や「エコモデルウォーターサーバー」は、エコモードが搭載されていて、約30%電気代を削減します。
また、温水を使用しない方は、電気代を70%カットする「超小型のキャリオ(冷水・常温水)」もあります。

ウォーターサーバーの電気代について

最近は省エネのウォーターサーバーが登場しています!

電気を使って使用する製品は、基本的に電気料金を支払う必要があります。 そのため最近では、少しでも安い電気代になるようにと、省エネタイプの電化製品もたくさん販売されるようになってきています。

電気代が安ければ、光熱費もお得になってきますので、電化製品を選ぶときには、選定基準の1つのポイントとしてチェックするようにしましょう。

ここ数年で人気が急上昇し、家庭での普及率が増加しているウォーターサーバーもコンセントに繋いで電気を使用する製品ですので、当然電気料金がかかります。

ウォーターサーバーは、常に電源のスイッチを入れた状態にしておきますので、電気料金が高そうなイメージを持つ方も多いかもしれませんね。 実はウォーターサーバーに関しても、他の電化製品と同様に省エネタイプが登場しています。 そのため、省エネタイプと省エネではないタイプを比べると、月々の料金は大きく変わってくることになるのです。

省エネサーバーは、上記でご紹介している「アクアクララ」「コスモウォーター」「フレシャス」の3つのメーカーがオススメです。

アクアクララウの省エネサーバーは、先進のICチップを搭載し、使用しない時間帯の温水温度を下げることによって消費電力を抑えて、年間で約7,000円の節約も可能です。

また、コスモウォーターの省エネサーバーは、エコモードが搭載されていて、就寝前やお出かけ前に「エコボタン」を押すことによって、使っていない時間帯はエコモード運転になりますので、電力を削減することができるのです。

そしてフレシャスの省エネサーバーは、光センサーが搭載されていて、部屋の明るさに合わせて自動で節電され、温水を使用しない時は電力を抑えるエコモードが搭載されています。 さらにフレシャスには、温水が不要な方のために、冷水と常温水だけが使えて電力を70%削減することが可能な超小型のキャリオというウォーターサーバーがあります。

さらに上記の3社以外でも、「クリクラ」や「ワンウェイウォーター」の省エネサーバーもオススメです。

どのくらいの電気代が必要になるのでしょう!

それでは実際にどのくらいの費用が必要になるのかというと、平均では一カ月に1,000円程度と考えておいてください。 その金額が高いと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、様々な面から考えると決して高いというわけではありません。

それというのも、ウォーターサーバーを使用することによって電気ポットを使用しなくても済むようになるというメリットがあります。 その分の費用を節約することができるようになるのです。 電気ポットも使い方により電気代の節約が可能ですが、同じように月に約1,000円くらいの電気代が発生します。

また、特に夏場などは、冷蔵庫から水を取り出すという作業が必要なくなりますので、その冷蔵庫の開け閉めにかかる電気代を抑えることができます。

このようにウォーターサーバーが設置されることによって、他の電気製品の電気代を抑えることが可能になることを考えると、ウォーターサーバーの料金は決して高いとは言えないと思います。 さらに省エネタイプを選ぶことによって電気の使用量を減らすこともできますので、様々なメーカーの製品を比較検討してみると良いでしょう。

また、上手に使用して節電することができます。なるべく無駄な電気を使わないように工夫して、少しでも電気代を安く抑えるようにしましょう。

このページの先頭へ